産経ニュース

覚醒剤使用の元葉山町議、復職可能に 神奈川県が議員資格喪失取り消し

地方 地方

記事詳細

更新


覚醒剤使用の元葉山町議、復職可能に 神奈川県が議員資格喪失取り消し

 覚せい剤取締法違反(所持・使用)罪で有罪判決を受けた元葉山町議の細川慎一氏(42)について県は15日、議員資格喪失決定を取り消した。この決定で復職が可能になる。

 細川氏は2月16日、横浜市中区の路上に駐車した乗用車内で覚醒剤0・377グラムを所持し、コンビニのトイレで注射して使用したとして県警に逮捕、起訴され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決が下されている。町議会本会議で、保釈時に住居が町内になく被選挙権が途切れたとして、全会一致で議員資格なしと判断され、失職した。細川氏は県に異議申し立てを行っていた。

 県の裁決書では逮捕以前から現在まで細川氏が町内に住所を有しているとして決定を取り消したという。