産経ニュース

広島「もみじ銀行」 リーグ優勝で金利上乗せ「カープV預金」申し込み、過去最高1981億円

地方 地方

記事詳細

更新


広島「もみじ銀行」 リーグ優勝で金利上乗せ「カープV預金」申し込み、過去最高1981億円

 もみじ銀行(広島市)は、プロ野球広島カープがレギュラーシーズンで優勝すれば金利を上乗せする「カープV預金」の申し込みを6月30日で締め切り、総額が過去最高の1981億円に上ったと明らかにした。広島は32年ぶりの11連勝を達成しセ・リーグ首位を独走中で、申込者は「今年こそ優勝だ。金利アップも含め、とても楽しみ」と熱い視線を送っている。

 V預金は金利が年0・025%の1年物の定期預金で、リーグ優勝すれば0・2%を上乗せし0・225%になる。

 平成7年に始まり、これまでは黒田博樹投手が米大リーグのヤンキースからカープに復帰した昨年の1813億円が最高だった。

 今年6月上旬の1日当たりの預入額は1億~2億円だったが、連勝が始まった中旬から増え始め、最終日には111億円に達した。

 最終日だと知り、会社を抜け出して申し込んだ広島市中区の男性(48)は「連勝で今年は優勝できるんじゃないかと思い、居ても立ってもいられなかった。この勢いが形になれば」と汗だくで話した。

 もみじ銀行の広報担当者は「優勝すれば4億円近く金利を上乗せして支払うことになるが、地域活性化のためにも、カープに勝ってほしい」と語った。