産経ニュース

【2016参院選 神奈川】一足早く“初の一票” 全県立高で模擬投票

地方 地方

記事詳細

更新

【2016参院選 神奈川】
一足早く“初の一票” 全県立高で模擬投票

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて初の国政選挙となった参院選に合わせ、全県立高校145校(中等教育学校と分校含む)で模擬投票が順次実施されている。「新たな有権者」らは10日の投票日を前に、一足先に“初の一票”を体験している。

 県立横浜緑ケ丘高校(横浜市中区)では30日、昼休みと放課後に模擬投票が行われた。手作りの投票箱や投票用紙が用意され、生徒は参院選神奈川選挙区の立候補者名簿を見ながら一票を投じた。3年の角あゆみさん(18)は「両親が働いており、女性が働きやすい社会を作ろうと訴えている候補に入れた。実際の投票も行きます」と話していた。

 県教育委員会は平成23年度から全ての県立高でシチズンシップ教育に取り組んでおり、22年度と25年度にも全校で模擬投票を行った。