産経ニュース

経営統合「審査進んでいる」 ふくおかFG、株主総会で報告

地方 地方

記事詳細

更新


経営統合「審査進んでいる」 ふくおかFG、株主総会で報告

 株主総会の集中日となった29日、九州・山口各地でも多くの企業が総会を開いた。今年2月に十八銀行(長崎市)との経営統合計画を発表したふくおかフィナンシャルグループ(FG)の経営陣は、統合に向けて公正取引委員会で審査が進んでいると報告した。

 ふくおかFGの株主総会は、福岡市博多区のホテルで開かれた。参加した株主によると、総会では経営統合の審査や協議の進行状況を訪ねる質問があがり、ふくおかFG側は「公正取引委員会の審査が進んでいる」と回答したという。

 ふくおかFG傘下の親和銀行と十八銀行の合併後の名称などについては、踏み込んだ回答はしなかった。

 公取委は今月8日から経営統合に関して1次審査に着手している。審査は30日以内に完了し、その後、必要に応じて第三者などからも聞き取りをする2次審査に進む。

 一方、西日本シティ銀行も福岡市内で株主総会を開き、金融持ち株会社「西日本フィナンシャルホールディングス(FH)」を設立する提案が賛成多数で可決された。10月3日に発足、西日本シティ銀や長崎銀行(長崎市)などを傘下に置く。