産経ニュース

東電検証に異論相次ぐ 新潟県技術委「国民愚弄している」

地方 地方

記事詳細

更新


東電検証に異論相次ぐ 新潟県技術委「国民愚弄している」

 福島第1原発事故で、核燃料が溶け落ちる「メルトダウン(炉心溶融)」の公表が遅れた問題の原因や経緯を調べる東京電力の第三者検証委員会は28日、新潟市中央区の県自治会館で開かれた会合で、同事故の検証を進めている県の技術委員会に調査結果を報告した。第三者委側は関係者への聞き取りを尽くしたと強調したものの、技術委側からは「曖昧な報告書」「独立性が疑問」などとする指摘が相次いだ。

 第三者委からは、いずれも弁護士で委員長を務めた田中康久氏、委員の佐々木善三氏と長崎俊樹氏らが出席した。

 県技術委の委員で科学ジャーナリストの田中三彦氏は「客観性、透明性、中立性のどれも担保されていない気がしてならない」と指摘すると、第三者委の佐々木氏は「関係者の呼び出しや文字の記録について東電の内部監査室の協力は得たが(東電は調査の)進め方に一切、口を出していない」と独立性を強調した。

 第三者委の田中氏は、当時の清水正孝社長が「炉心溶融という言葉を使うな」と社内に指示していた根拠に関し、時間と調査権限に制約があり「ある程度の調査で結論を出さざるを得なかった」と釈明した。

続きを読む