産経ニュース

「ずっと付けたかった」大輝に母校から化粧まわし 埼玉

地方 地方

記事詳細

更新


「ずっと付けたかった」大輝に母校から化粧まわし 埼玉

 所沢市出身の新十両、大輝(23)が23日、母校の埼玉栄高(さいたま市西区)を訪問し、化粧まわしの贈呈を受けた。スクールカラーの鮮やかなオレンジ色に「今日学べ」という校訓が入った化粧まわしを見て、「在学中に明瀬山関が化粧まわしをもらったのを見たりしていて、学生のころからずっと付けたかった」と喜んだ。

 中学、高校、大学でいずれも全国大会で優勝し、平成27年春場所で初土俵を踏んでから8場所で関取に。大関豪栄道らを輩出した同校相撲部の山田道紀監督(50)は「大輝はまじめで人の何倍も稽古していた。高2で膝の靱帯(じんたい)をけがしてからたった1年で高校横綱になったが、普通ではありえないようなこと」と教え子を評した。

 大輝は「自分も後輩からあこがれてもらえるように、母校の看板を背負って頑張る」と意気込んだ。