産経ニュース

カジノサイト賭博 容疑で主犯を逮捕 千葉

地方 地方

記事詳細

更新


カジノサイト賭博 容疑で主犯を逮捕 千葉

 海外のインターネットのカジノサイトを使って客に賭博をさせたとして、常習賭博容疑で男2人が逮捕された事件で、県警サイバー犯罪対策課は16日、同容疑で主犯とみられるフィリピンに住む自称自営業、椎原宰(つかさ)容疑者(53)を逮捕、送検したと発表した。同課によると、「賭博については知らない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、平成24年11月~27年10月、既存の海外のカジノサイトを利用するための決裁口座「NetBanQ」など2口座を運営。客に賭け金を入金させるなどして、バカラやブラックジャックなどの賭博行為をしたとしている。

 同課によると、椎原容疑者は14日に成田空港に帰国したところを県警に逮捕された。