産経ニュース

仙台-ソウル便を毎日運航 アシアナ航空、6月28日から

地方 地方

記事詳細

更新


仙台-ソウル便を毎日運航 アシアナ航空、6月28日から

 韓国のアシアナ航空は30日、仙台-ソウル間の定期便について、6月28日から現在の週4便を毎日運航に増便すると発表した。同航空仙台支店の全仁守(チョンインス)支店長が同日県庁を訪れ、山田義輝副知事に報告した。仙台-ソウル便は平成2年4月に定期便が就航。23年の東日本大震災の影響で運休したが、同年9月に再開した。その後の旅客需要の減少で25年9月から週4便に減便していた。

 26、27年度の搭乗者数は約5万2千人、搭乗率も約7割と好調で、7月1日の仙台空港民営化に合わせて増便を決めたという。全支店長は「搭乗率が7割以上になれば、搭乗者数は1・5倍以上になる見通し。仙台空港と一緒に発展したい」と語った。

 同空港を運営する「仙台国際空港」の岩井卓也社長は「毎日運航は貨物の荷主にとっても大きな意味がある」と歓迎した。