産経ニュース

次期衆院選東京2区で民進、松尾氏を公認候補に

地方 地方

記事詳細

更新


次期衆院選東京2区で民進、松尾氏を公認候補に

 民進が、旧民主系と旧維新系で候補者の一本化を目指していた次期衆院選東京2区をめぐり、民進が25日、旧民主系の新人で、弁護士の松尾明弘氏を同選挙区の公認内定候補にする方針を固めたことが分かった。

 関係者によると民進は、候補者一本化にあたり、今月中旬、選挙活動の軸足となる東京2区の台東、文京、中央の民進系区議らが集まり、松尾氏と旧維新系の大熊利昭氏の訴えを直接聞く会合を開催したという。

 会合後、都連幹部は区議らに対し、公認候補としてどちらが適任と考えるかを質問。回答の内容については公表されなかったが、ある区議は「『松尾さんの方がいい』という意見が多かった印象だ」と明かした。

 関係者によると民進は区議の意見に加え、世論調査の結果を踏まえ、松尾氏を同選挙区の公認内定候補にする方針を決めたという。