産経ニュース

【春日さんのご造替】本宮神社旧社殿、京都の笠置寺に 古来の再利用「春日移し」

地方 地方

記事詳細

更新

【春日さんのご造替】
本宮神社旧社殿、京都の笠置寺に 古来の再利用「春日移し」

 春日大社(奈良市)の20年に1度の社殿大修理「式年造替(しきねんぞうたい)」で、昨年社殿が新しくなった御蓋山(みかさやま)山頂の摂社・本宮(ほんぐう)神社の旧社殿が23日、ゆかりの笠置寺(京都府笠置町)に移された。「春日移し」と呼ばれる古来の社殿再利用で、笠置寺では春日明神社が685年ぶりに再興される。

 大社によると、春日移しは大社本殿の建て替えが行われていた幕末までを中心に近畿一円で摂社・末社を含め約150例が確認されているという。

 本宮神社の旧社殿は前回の造替で建てられたもので千木(ちぎ)までの高さ約2・6メートル、幅約0・7メートル、奥行き約1メートル、重さ約300キロ。移設を前に修復されこの日、大社末社の祓戸(はらえど)神社で清祓式が行われた後、関係者らが担いで参道を運び、トラックに載せて笠置寺に向かった。

 鎌倉時代に興福寺から笠置寺に入った解脱(げだつ)上人貞慶(じょうけい)は春日信仰にあつく、笠置寺に春日明神を勧請(かんじょう)。六角堂近くに春日明神社を建立したと伝わる。同時代の絵巻「春日権現験記」にもその様子が描かれているが、元弘元(1331)年の「元弘の乱」で同寺は焼け、再興されないままだった。

 今回は式年造替を機に、本宮神社の旧社殿を笠置寺に移設することに。移設場所は笠置寺の鎮守社、椿本護王宮の隣で、6月1日に御分霊される予定。

 笠置寺の小林慶昭住職は「これも貞慶さんによるご縁で、手をつないで頑張っていきたい」、春日大社の花山院弘匡(かさんのいんひろただ)宮司は「800年前と同じように行われ、感激している」と話した。