産経ニュース

「国との対立ない」蒲島・熊本知事、報道を否定

地方 地方

記事詳細

更新


「国との対立ない」蒲島・熊本知事、報道を否定

 熊本県の蒲島郁夫知事は12日の記者会見で、「国と対立構造があるとの報道は正しくない。国からのプッシュ型支援の提案があり、成功したと思っている」と述べた。

 熊本地震では、政府が示した被災者の屋内避難方針に対して、蒲島氏が不快感を示したとの報道があった。また、4月15日から政府現地対策本部長を務めた松本文明内閣府副大臣が同20日に酒井庸行内閣府政務官と交代したことを「事実上の更迭」と指摘する声もあった。

 蒲島氏は「初動は松本副大臣やスタッフとともに乗り切れたと思っている。メディアには違った形で流れたのではないか」と強調した。

 また、復旧・復興に要する財源については「『本当に国に負担してもらえるのか』という気持ちでは、復旧・復興が萎縮してしまう。東日本大震災で到達したレベルを下げないでほしい」と述べ、全額を特別交付税でまかなうような特別措置法の必要性を強調した。