産経ニュース

西日本FH10月3日発足 会長に久保田氏、社長は谷川氏

地方 地方

記事詳細

更新


西日本FH10月3日発足 会長に久保田氏、社長は谷川氏

 西日本シティ銀行は10日、持ち株会社「西日本フィナンシャルホールディングス(FH)」を10月3日に発足させると発表した。傘下に同銀行のほか、長崎銀行、九州カード、西日本シティTT証券などグループ7社が入る。6月末の株主総会に提案する。

 西日本FHの会長、社長には、それぞれ同銀行の久保田勇夫会長、谷川浩道頭取が就任する。副社長には、同銀行2人の副頭取のうち、旧西日本銀行出身の礒山誠二氏が就く。

 持ち株会社化によって、九州を中心に西日本を地盤とする総合金融グループを目指す。また、地銀の再編で受け皿になる考えもあるとみられる。

 谷川氏は10日、記者会見で「FHを司令塔に、グループ間のシナジー効果の最大化を図る」と述べた。

 西日本シティ銀行は、旧西日本と、旧福岡シティの2銀行が平成16年に合併して誕生した。

 昨年10月から、持ち株会社移行の検討を進めていた。名称では「西日本シティフィナンシャルグループ」や「NCBフィナンシャルグループ」など、現在の銀行名を踏襲したものを中心に、複数の案が浮上していた。

 谷川氏は「広い地域を指す表現ということで『西日本』を採用した。それぞれの思いがあったが、落ち着くべき所に落ち着いたのではないか」と述べた。