産経ニュース

故郷・熊本へ募金活動 茨城GG・片岡監督

地方 地方

記事詳細

更新


故郷・熊本へ募金活動 茨城GG・片岡監督

 稲敷市を本拠地とする社会人野球の球団「茨城ゴールデンゴールズ(GG)」の選手兼監督で、熊本市出身の片岡安祐美(あゆみ)さん(29)らが29日、阿見町よしわらの商業施設「あみプレミアム・アウトレット」で、熊本地震の被災地に対する義援金を募った。

 募金箱を手にした片岡さんが「義援金活動を行っております」と声を張り上げると、買い物客らが次々と善意を寄せていた。茨城GGの選手や稲敷市商工会青年部のメンバーら約20人が参加し、市のマスコットキャラクター「稲敷いなのすけ」も駆け付けた。

 片岡さんは「皆さんが熊本のことを気にかけてくださり、ありがたく思います」と感謝し、「何かできないかなという思いがあります」と被災した故郷への思いを口にした。稲敷市内外で5月3、7日にも義援金を募る活動を行う予定。集まった善意は熊本市に寄付するという。