産経ニュース

JR九州、熊本-人吉の新観光列車の名称「かわせみやませみ」

地方 地方

記事詳細

更新


JR九州、熊本-人吉の新観光列車の名称「かわせみやませみ」

観光列車「かわせみ やませみ」について記者会見するJR九州の青柳俊彦社長 観光列車「かわせみ やませみ」について記者会見するJR九州の青柳俊彦社長

 ■沿線自然・美しい街並み象徴

 JR九州は13日、平成29年春頃に熊本県の熊本-人吉間で新たに運行する観光列車の名前を「かわせみ やませみ」にすると正式に発表した。沿線を流れる球磨川の流域に多く見られる野鳥の名前から付けた。JR九州として11番目の観光列車となる。(谷田智恒)

                   ◇

 野鳥のカワセミは鮮やかな青い羽毛が特徴。また、漢字表記の「翡翠(ひすい)」は深緑の宝石のことも意味し、球磨川の水面の色を想起させる。ヤマセミもカワセミの仲間で、外見は白黒のまだら模様が目立つ。沿線の自然や街並みの美しさを象徴するとして、名前の採用が決まった。

 新列車は2両編成で、1号車(かわせみ)は青色、2号車(やませみ)は緑色とする。このほか、カワセミとヤマセミをデザインしたシンボルマークを、車体に取りつける。

 定員は70人程度で、鹿児島線・肥薩線の熊本-人吉間を毎日3往復する予定という。停車駅などについては調整している。

 熊本県人吉市で記者会見したJR九州の青柳俊彦社長は「地元の人と、どういったおもてなしで乗客を感動させられるのか、これから1年かけて練り上げたい」と述べた。

 工業デザイナーの水戸岡鋭治氏が車両デザインを担当する。記者会見に同席した水戸岡氏は「内装の仕上げには地域の人の声もとり入れたい。沿線の素材を使って、新しいというより、懐かしい最高の車両をつくっていきたい」と述べた。