産経ニュース

朝鮮学校への補助金交付 福岡知事「今後も続ける」

地方 地方

記事詳細

更新


朝鮮学校への補助金交付 福岡知事「今後も続ける」

記者会見で朝鮮学校への補助金問題について答える小川洋福岡県知事 記者会見で朝鮮学校への補助金問題について答える小川洋福岡県知事

 福岡県の小川洋知事は12日の記者会見で、朝鮮学校に対する文化交流などの名目による補助金支出について、「県の要綱に基づき、適正な執行に努めている。今後も続ける」と述べた。九州・山口では福岡と山口両県に朝鮮学校があり、山口県は補助金交付をすでに見合わせている。

 朝鮮学校への補助金をめぐっては、馳浩文部科学相が3月29日、朝鮮学校を認可している28の都道府県に対し、「交付目的に沿った適正で、透明性のある支出」などを要請する通知を出した。

 通知の中では、北朝鮮と密接な関係のある在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が教育内容や人事、財政に影響を及ぼしている点などを指摘した。

 これに対し小川氏は記者会見で、「朝鮮学校の生徒が地域や日本の学校との交流事業を通じ、日本を理解することは大切なことだ」と述べ、補助金支給は問題ないとの認識を強調した。

 補助金が北朝鮮に流れる可能性についても「予算執行後も調査し、確定させている。適正に執行することで、(北朝鮮に流れないよう)担保する」と述べた。

 福岡県内には学校法人「福岡朝鮮学園」(北九州市八幡西区)があり、九州朝鮮中高級学校など3カ所の朝鮮学校を運営する。県は同法人に対し、外国人学校に対する補助金交付要綱に基づき、平成4年度から補助金を出している。

 ところが福岡朝鮮学園をめぐって、17年度から5年間にわたり、県と北九州市から補助金を二重取りしていた問題が発覚し、同学園は23年3月、二重取りした645万円と加算金の計822万円を県に返還した。

 ただ、補助金はその後も続いた。26年度が96万円、27年度119万3千円で、28年度当初予算では150万円を計上した。

 一方、下関市に山口朝鮮初中級学校がある山口県は、他県で補助金見合わせの動きが広がったことなどから、25年度以降は予算計上をしていない。