産経ニュース

二木成-大塚、筑西幹線道路が部分開通 市中心部の渋滞緩和へ 茨城

地方 地方

記事詳細

更新


二木成-大塚、筑西幹線道路が部分開通 市中心部の渋滞緩和へ 茨城

 北関東自動車の桜川筑西インターチェンジと古河市を結ぶ約44キロの筑西幹線道路のうち、小貝川に架かる筑西市東榎生(よのう)の「筑西大橋」(204メートル)が完成し、同市二木成-同市大塚間の約2・4キロが29日、開通した。同市中心部の渋滞が緩和されることが期待される。

 筑西幹線道路は国や県、関係市町が連携して整備を進めている。今回の約2・4キロは、約5・2キロに及ぶ一本松・茂田線の一部で、用地買収開始から約7年間かけての供用開始となった。

 この日は現地で開通式典が行われた。橋本昌知事は市中心部の混雑が緩和されることを踏まえ、「地域の安全確保や企業を呼び込む役割を果たすことになる」と述べた。筑西市の須藤茂市長は「建設予定の中核病院や道の駅を結び、活気ある町づくりにつなげたい」と語り、今後も工事が順調に進むことを願った。

 橋本知事らは筑西大橋を渡り、開通を祝った。