産経ニュース

【難読地名紀行】結城市七五三場 由来はしめ縄か当て字か

地方 地方

記事詳細

更新

【難読地名紀行】
結城市七五三場 由来はしめ縄か当て字か

 結城市の中心街から南へ車で約20分。古河市との市境付近は、「七五三場」と書いて「しめば」と読む。結城市の大字だ。漢字表記が読み仮名の字数を上回るこの珍しい地名には、どのような由来があるのだろうか。

 結城市生涯学習課に問い合わせたところ、「何か言い伝えがあると聞いたことがある。住民なら知っているかもしれない」とのこと。早速、県道沿いに住宅が並ぶ七五三場の集落を訪ねた。

 公民館に足を運ぶと、近くに住む川面七郎さん(81)に出会った。川面さんは「昔、お年寄りから、茂呂神社のしめ縄を張っていたから七五三場になったと聞いたことがある」と教えてくれた。

 神社などで用いるしめ縄にはさまざまな種類があり、その一つに、結った縄から垂らすワラの数を順に3、5、7本とするものがある。しめ縄を「七五三縄(しめなわ)」とも書くのは、こうしたことに由来しているとされる。神社のしめ縄から、七五三場になったのではないか、というわけだ。

 もっとも、七五三場や近隣に「茂呂神社」を見付けることはできなかった。北に隣接する北南茂呂地区にある「諏訪神社」のことを指しているのだろうか…。

 その一方で「日本歴史地名大系」(平凡社)によると、現在の七五三場周辺を指すとみられる地名として、鎌倉時代に「志目波」、安土桃山時代に「志めは」と記された文書が残っているという。

 これが正しいとすれば、「志目波」が「志めは」に転じて「七五三場」へと変貌したと推測することができる。七五三場の字が当てられた当時は、読み方が先にあって、縁起の良い漢字を後から当てたのかもしれない。

 「志目波」が何を意味するのか、なぜ途中で書き方が変わったのか、文献を調べてみたが、詳しいことは分からなかった。(桐原正道)