産経ニュース

豊島・新宿など8区、客引き根絶会議開催 「活動の全国拡大を期待」

地方 地方

記事詳細

更新


豊島・新宿など8区、客引き根絶会議開催 「活動の全国拡大を期待」

 悪質な客引きを根絶するため、豊島や新宿など繁華街を有する都内8区は、客引き対策会議を25日、豊島区役所で初めて開催する。

 2020年東京五輪・パラリンピックを控え、観光客の増加が予想されることから、繁華街の安全を図るため、各区の取り組みを情報交換し、客引き行為防止へ結束を高める狙い。

 会議は、2区が中心になって、客引き行為などの防止に関する条例を定める区に呼びかけた。他に参加するのは、千代田、港、墨田、品川、大田、渋谷の6区で、各区長や代表者が出席する予定。今後も定期的に開催していくという。

 豊島区の担当者は「悪質な客引きに困っている自治体は多い。8区だけでなく、客引き根絶に向けた活動が全国へ広がることを期待したい」という。

 新宿区では、歌舞伎町などの客引きを根絶するため、罰則を盛り込んだ改正条例案が区議会で可決。4月1日から施行される。

 条例によると、歌舞伎町など新宿駅周辺の特定地区で繰り返し客引き行為をした場合、店名を区のホームページなどで公表し、違反者には5万円以下の過料を科す。また、不動産業者には、客引き行為をした店との賃貸契約を解除するよう求める。