産経ニュース

神奈川県立高入試で71校188人採点ミス、「不合格」2人 27年度

地方 地方

記事詳細

更新


神奈川県立高入試で71校188人採点ミス、「不合格」2人 27年度

 先月行われた平成28年度の県立高校入試で採点や集計のミスが相次いだ問題で、県教育委員会は22日、27年度の県立高校入試についても計71校188人に採点ミスが見つかり、この影響で本来合格とすべきだった受験生2人を不合格としていたと発表した。

 現在この2人に意向を聞いており、希望した場合は転入を認めるほか、受験した県立高に入学していればかからなかった費用などは県教委が補填(ほてん)するという。

 また、同年度入試をめぐり、本来1年間保存すべき答案用紙を既に廃棄してしまった高校が3校あることも明らかになった。相次ぐミスを受け、県教委が記録の残る同年度の入試について調査していた。

 同日会見した県教委は、今月17日に最終報告として発表した28年度の採点ミスの数についても、計87校326人から計88校330人に修正した。

 桐谷次郎教育長はミスが相次いでいることについて、「非常に重く受け止めている。人が(採点を)やっているものなので慣れもあるのかもしれないし、入試の日程の問題、採点の態勢も原因のひとつとして検証していかざるを得ない」と述べた。

 一連のミス検証のため、県教委は毎年4月1日付で実施する定期人事異動について、校長など管理職の異動は必要最小限にとどめる方針。