産経ニュース

「ため池水素発電」大阪狭山で事業化 全2万5000世帯へ供給目指す

地方 地方

記事詳細

更新


「ため池水素発電」大阪狭山で事業化 全2万5000世帯へ供給目指す

 国内最古のダム式ため池「狭山池」(大阪府大阪狭山市)が築造1400年を迎えることにちなみ、同市が100%出資する事業会社が4月からの新年度、ため池の水から生成した水素で発電する事業を始める。池の水を電気分解し、水素を発生させる。水素発電は再生可能エネルギーとして注目されているが、自治体が出資する企業が取り組むのは異例。平成32年度にも事業を本格化させ、市内の全戸約2万5千世帯への供給を目指す。

 水素発電を始めるため、市は100%出資の事業会社「メルシーfor SAYAMA」を昨年設立。古川照人市長が社長を務めている。国の補助金や民間企業からの出資、融資などで事業を進める方針で、メルシーと民間企業6社は事業化に向けた研究会を立ち上げた。今月の会合では、新たに5社が加わり、今後も合流する企業があることが報告された。

 28年度は大阪狭山市内にあるため池「大鳥池」の近くに、池の水を使って水素生成と発電を行う施設を設計、建設に着手。メルシーや協力企業が建設費をまかなう。

 発電の仕組みは、太陽光パネルで発電した電気を使って池の水を分解、水素を生成させる。生成された水素をもとに大規模な発電に取り組む。水素発電はさまざまな方法があり、今後具体化を図る。

 最初の段階としては、市役所や小中学校といった公共施設で使用する。電気を地産地消することで、これまで電力会社から購入してきた電気料金の支払いが不要になるほか、売電も行う。こうして得られた財源を別の施策へ充てることができる。

 市は、財源を行政サービスの向上などに使う方針。出力をさらにアップさせ、32年度にも市内全世帯分をまかなう。

 4月にはドイツ・ハノーバーで開かれる国際産業技術見本市に出展、世界でもPRを図る。総事業費などは今後練り上げていくが、古川市長は「できるだけ早く、見える形にしていきたい」と意気込む。