産経ニュース

揺るぎなき日米の絆より強く 佐伯で米戦闘機返還式典 71年ぶり祖国へ

地方 地方

記事詳細

更新


揺るぎなき日米の絆より強く 佐伯で米戦闘機返還式典 71年ぶり祖国へ

コルセア機(手前)の返還式で、米海軍佐世保基地のマシュー・D・オヴィアス司令官(左)と握手する西嶋泰義市長=6日、大分県佐伯市 コルセア機(手前)の返還式で、米海軍佐世保基地のマシュー・D・オヴィアス司令官(左)と握手する西嶋泰義市長=6日、大分県佐伯市

 さきの大戦で撃墜され、大分県佐伯市が保管していた米戦闘機のエンジンやプロペラを米国に返還するため、市は6日、同市内で返還記念式典を開いた。機体は71年ぶりに里帰りし、母艦を改修した米ニューヨークの博物館で展示される。式典に出席した日米両国の関係者からは、機体が友好の架け橋となり、両国の絆が一層強まることに、期待の声があがった。

 (九州総局 村上智博)

 機体は、米艦上戦闘機「F4U-1Dコルセア」。途中で上向きに曲がった主翼が特徴だ。

 同機の編隊は、昭和20年3月18日、旧日本海軍の航空隊基地を空襲した。日本側は対空砲火で応戦し、同機は佐伯湾に撃墜された。

 それから、半世紀の時が流れた。平成7年、同機の残骸を地元の戦争遺構研究グループ「歴進会」元会長、河野豊氏(65)らが海から引き揚げた。

 これまでは「市平和祈念館やわらぎ」で保管してきた。だが、河野氏らは戦後70年の節目を迎えたことをきっかけに、同機を米国側に寄贈し、日米関係の進展に役立ててはと市に提案し、市はそれを受け入れた。

 寄贈先は米ニューヨークの「イントレピッド海上航空宇宙博物館」だ。同機の母艦だった艦船を、退役後に改修して設置された。米側も同機の引き渡しを快諾し、この日の式典に臨んだ。

               ×  ×  × 

 「やわらぎ」で開かれた式典には、佐伯市や外務省の関係者ら約100人が参加した。

 佐伯市の西嶋泰義市長は「両国の戦没者の犠牲の上に、今の平和、繁栄がある。戦後70年の時を越え、同機が、(墜落によって)亡くなった米少尉の遺骨代わりに祖国に返還されるのは、万感の思いだ。米国には平和の象徴として展示してもらいたい」とあいさつした。

 これに対し、在福岡米国総領事館のユーリー・フェッジキフ首席領事が「日米は敵対国から、今や、揺るぎない同盟国となった。自由、民主主義、法の支配といった価値観も一致する。同機が米博物館に展示されるのは、日米友好の象徴だ」と謝辞を述べた。

 西嶋氏は、米海軍佐世保基地のマシュー・D・オヴィアス司令官に目録を手渡し、ユーリー氏には両国の友好記念の盾を贈った。

 式典では、米博物館からの「米国防総省の保存処理後、一日も早く、多くの来館者が観覧できるのを楽しみにしている」とのメッセージも読み上げられた。

 プロペラとエンジン一式は参加者らの拍手に見送られ、トラックで出発した。

 今後、日本郵船が空路で米側に運搬し、今月27日ごろには米博物館で受け入れの式典が開かれる。

 米国の式典にも出席予定の河野氏は「これで戦後の一つの区切りができた。佐伯市と、米ニューヨークとの経済交流や子供たちの交流につながればいい」と感慨深げだった。

 米側からは今回の取り組みを契機に、ニューヨークの摩天楼、エンパイアステートビルの1室を佐伯市の商工関係者に無料で提供し、両国の経済交流の場に使ってもらう計画も持ち上がっている。