産経ニュース

「子育てシェア」アズママと連携 生駒市、全国初の協定

地方 地方

記事詳細

更新


「子育てシェア」アズママと連携 生駒市、全国初の協定

 生駒市は、「子育てシェア」事業を全国で展開する株式会社「AsMama(アズママ)」(本社・横浜市)と、地域の育児環境を充実させるための連携協定を結んだ。同社と連携協定を結んだ自治体は全国で初めてで、市は地域ぐるみの子育て支援を通じ、女性の就業促進などにつなげる考えだ。

 平成21年創業の「アズママ」は、子育てを助け合う「子育てシェア」サービスの利用希望者がインターネットで会員登録する会員制のサイトを運営。現在の登録者数は3万5千人に上る。

 サイトでは、会員の氏名(原則本名)と住所(都道府県・市区町村)を公開、知人同士なら連絡を取り合える。会員が連絡を取り合う際は互いの携帯電話の下4桁の入力が必要なため、見知らぬ会員がつながることはない。

 たとえば「仕事で帰宅が遅れるので、保育園の迎えを頼みたい」場合は、サイトを通じて複数の友人に一斉送信。都合のつく友人が返信すれば「子育てシェア」が成立する-という仕組みだ。終了後は当事者間で現金やクレジットカードで謝礼(1時間500円)を渡す決まりになっている。

 「友人が少なく、頼れる人がいない」利用者には、アズママ公認の託児研修を受講した認定支援者「ママサポーター」が対応。全国約500人のサポーターが支援するという。

 アズママを立ち上げた甲田恵子社長(40)は「子育てシェアは、『ご近所の頼り合い』の現代版のような制度。ママ同士が安心して頼り合うことで、育児も仕事もやりたいことが可能になる」と話す。

 市は今後、同社と連携して市内の幼保育園などで事業の周知活動を行うほか、子育て世代向けのイベントを開催するなどし、街全体での「子育てシェア」実現を目指すという。