産経ニュース

世田谷で「防火・防災のつどい」

地方 地方

記事詳細

更新


世田谷で「防火・防災のつどい」

 東日本大震災から5年になるのを機に、世田谷区の桜丘区民センターで3月5、6日、「防火・防災のつどい」が開かれる。

 5日は気象大学校の岩下裕二氏が集中豪雨や雷、火山噴火などを解説しながら災害時の身の安全確保について、ジャーナリストで日本防災士会参与の半田亜季子氏が危機管理意識の大切さについて講演する。このほか、都が配布した防災ブック「東京防災」についての解説や、小中学生を対象にしたサバイバル塾も行われる。

 6日は防災関連映画の上映や防災士による防災教室、起震車体験、炊き出し訓練などが予定されている。同センター運営協議会事務局長の谷正美さんは「地域防災力向上のため、町会に入っていない集合住宅の住民も参加してほしい」と呼びかけている。