産経ニュース

「支えてくれたのが浦和」 ノーベル賞・大村さんに県民栄誉章

地方 地方

記事詳細

更新


「支えてくれたのが浦和」 ノーベル賞・大村さんに県民栄誉章

 ノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大特別栄誉教授、大村智さん(80)に18日、知事公館で県民栄誉章が贈呈された。

 大村さんは贈呈式後、高校教師時代にさいたま市浦和区に住み、勉学に励んだというエピソードを報道陣に披露。「苦労しているときを支えてくれたのが浦和だった」と振り返った。

 大村さんは寄生虫による感染症の治療薬「イベルメクチン」を開発し、アフリカや中南米など世界中の多くの人々を感染症から救った功績が認められ、ノーベル賞を受賞した。治療薬の特許料収益により「北里大メディカルセンター」(北本市)開設に尽力するなど、県とも深い関わりがある。同章は原則として県内在住の個人と団体が対象だが、「知事が特に必要があると認められるとき」は県外でも対象となる。

 大村さんは県職員らに拍手で迎えられ、上田清司知事からメダルや賞状が贈られた。上田知事は「埼玉県にゆかりのある先生がノーベル賞を受賞したことをうれしく、誇りに思う」とあいさつ。大村さんは報道陣に「自分の研究と後継者育成、社会貢献を引き続きやっていきたい」と今後の抱負を語った。