産経ニュース

稲垣早希さんら4人が瀬戸内市観光PR大使に

地方 地方

記事詳細

更新


稲垣早希さんら4人が瀬戸内市観光PR大使に

 瀬戸内市の初代観光PR大使に桜 稲垣早希さん(32)、お笑いコンビ「デニス」の植野行雄さん(34)と松下宣夫さん(31)の吉本興業グループの芸人3人を含む4人が決まり、同市役所で就任式が行われた。

 稲垣さんら3人は昨年、吉本興業が同市牛窓地区をロケ地に製作した短編映画「U・F・O~うしまどの、ふしぎなできごと」に出演。これが縁で、同作の監督を務めた藤原知之さん(37)とともに大使に選ばれた。任期は3年間。

 就任式には稲垣さんと松下さんが出席。武久顕也市長が「当市の魅力を広く発信してくだされば」と、委嘱状とPR活動用の法被を手渡した。

 稲垣さんは同市の備前長船刀剣博物館が以前、特別展でコラボレーションしたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の大ファン。「私と瀬戸内市とのシンクロ率は高い。短期滞在のロケでしたが、私のいる大阪にはない、すごいすてきな魅力を感じていますから」などと話していた。

 また、松下さんは「相方がブラジル人とのハーフで、今年は(同国で)五輪開催とあって、最近は出演依頼も増えており、その分だけ瀬戸内の宣伝を心掛けます」と力を込めていた。

 3人は藤原さんが監督した同市の新作PR動画(3本、4~6分)にも出演。動画は同市のホームページから見ることができる。