産経ニュース

【川崎・中1殺害】リーダー格少年の父「たたけば非行やめると思った」 遺族「私たちの心は壊れたままだ」

地方 地方

記事詳細

更新

【川崎・中1殺害】
リーダー格少年の父「たたけば非行やめると思った」 遺族「私たちの心は壊れたままだ」

 川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年、上村(うえむら)遼太さん=当時(13)=が刺殺された事件で、殺人などの罪に問われたリーダー格の少年(19)に対する横浜地裁での裁判員裁判。4日に論告求刑が行われて結審した。少年の家庭環境などについて、情状証人として出廷した少年の両親は「たたけば(非行を)やめると思った」「(飲酒を)チェックできなかった」などと、悔悟の言葉を繰り返した。

 弁護側が情状として主張した「暴力以外の解決手段を身に付けるのが難しかった」という少年の家庭環境。弁護側の証人尋問で父親は「体罰はあった」と話し、「時間を守れなかったときや、人をけがさせたときに平手でたたき、(少年が)避けると足で顔面を蹴った」と説明した。

 裁判官に「(しつけに)体罰以外の方法はとらなかったのか」と問われ、「たたいたらたたかれるのが嫌でやらなくなると思った」と語った。