産経ニュース

静岡市⇔首都圏、大学生に新幹線定期代補助 4月スタート、地元離れ防ぐ

地方 地方

記事詳細

更新


静岡市⇔首都圏、大学生に新幹線定期代補助 4月スタート、地元離れ防ぐ

 静岡市は3日、市内から首都圏などの大学に新幹線で通学する学生の定期券代を4月から補助する方針を明らかにした。若者の地元離れを防ぎ、将来の人口減少を抑制する狙いがあり、新幹線の通学定期券代の3分の1(上限は1月当たり3万円)を貸し付ける。

 市企画課によると、学生を対象にした新幹線定期券代の補助制度は県内では初めてで、全国的に見ても珍しいという。

 卒業後も市内に居住し続ければ貸し付けた定期券代の返還を免除する。

 同制度を利用できるのは、市内に在住しながら県外の大学、専修学校などに通う30歳未満の学生。通学先については、新幹線で通える県外の場所であれば、地理的な制限は設けない。

 同課によると、1カ月の通学定期券代は静岡-東京が約9万3千円、静岡-名古屋が約9万5千円などとなっている。

 田辺信宏市長は3日の会見で「修行ではないが都会に出ていって戻ってくるきっかけになれば」と若者の定住効果に期待を示した。市では初年度に約180人の利用を見込んでおり、新年度予算に約5400万円の予算を計上する方針。