産経ニュース

台湾の高校生70人、南三陸へ教育旅行 津波の恐ろしさや防災学ぶ 宮城

地方 地方

記事詳細

更新


台湾の高校生70人、南三陸へ教育旅行 津波の恐ろしさや防災学ぶ 宮城

 ■「頑張って復興、感動」

 学校の教育旅行で来日していた台湾の高校生約70人は27日、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた南三陸町を訪れた。生徒らは震災の津波で被災し、昨年11月に再建した「南三陸病院」や津波で職員ら43人が犠牲となった町防災対策庁舎などを見学、津波の恐ろしさや防災、減災などについて学んだ。

 同町を訪れたのは台南市(台湾)の進学校「国立台南第一高級中学校」の1~3年の生徒ら約70人。

 同日夕方、佐藤仁町長らは病院前で到着した生徒らを出迎えた。佐藤町長は生徒らに対し、「震災はつらいことだが、それがきっかけで交流の輪が広がり、うれしく思います」とあいさつした。

 病院の再建には、総額56億円がかかり、そのうち22億円余りは台湾赤十字社からの義援金が充てられた。

 県は台湾からの教育旅行の受け入れに力を入れている。県観光課によると、県観光連盟と台南市台日友好交流協会は平成26年11月、教育旅行に関する覚書を交わし、昨年12月には台湾の宜蘭(いらん)県と新北(しんぺい)市からそれぞれ約40人ずつを誘致した。今回、台南市から生徒を受け入れるのは初めてで、70人規模は過去最大になるという。

 生徒らは今月24日に来日。仙台市や松島町などを訪れ、県の高校生らと英語の合同授業などに参加し交流した。南三陸町には26日夜に到着。3~6人ずつに分かれ、同日から1泊2日で町内17軒の民家に「民泊」した。生徒らを受け入れた家庭の中には津波で自宅を流され、沿岸部から離れた場所に再建した世帯もあったという。

 防災庁舎を初めて見たという台南一中2年、コウ・ギイェーさん(17)は、「もともとしっかりとした建築物だったはずなのに、一瞬でなくなってしまったと思うと悲しい。町の人たちが頑張って復興していると聞き、感動している」と話した。