産経ニュース

現役最古の私鉄駅舎・南海浜寺公園駅、109年の役割「終点」

地方 地方

記事詳細

更新


現役最古の私鉄駅舎・南海浜寺公園駅、109年の役割「終点」

 明治40(1907)年に建て替えられ、現役の私鉄駅舎として最も古いとされる南海本線・浜寺公園駅(堺市西区)駅舎が28日未明の最終電車の発車とともに、109年にわたった役割を終える。28日の始発電車からは、隣接する仮駅舎で営業を行う。木造平屋建ての駅舎は保存され、平成39年度に完成予定の高架駅舎の地上玄関口として利用される。

 堺市が進める南海本線連続立体交差事業に合わせて現役を引退することになった。

 市や南海電鉄によると、浜寺公園駅は明治30(1897)年に開業。当初は小規模な木造建物だったが、浜寺公園に海水浴場が開設された翌年の同40年に、建て替えられ、柱の骨組みを装飾模様として生かす「ハーフティンバー様式」の西洋風木造建築が現在まで残っている。明治時代から浜寺公園や海水浴など海辺のリゾート地に向かう玄関口として栄え、一帯は高級住宅地にもなった。

 建て替えは、東京駅を設計した辰野金吾が設立した辰野片岡建築事務所が設計。平成10年には、国の登録有形文化財に登録され、白くしゃれた外観が鉄道ファンらの人気を集めた。

 「現役引退」を控え、駅を撮影しようと訪れるファンも多い。25日も、カメラを持った人たちが駅舎に集まり、盛んにシャッターを切っていた。堺市中区の無職、佐藤正隆さん(31)は「古い建物が好きで、浜寺公園駅を撮影したいと思っていた。もうすぐ現役は終わりになるので、ぜひこの状態を撮ろうと思った」と話し、熱心にカメラを向けていた。

 28日午前0時27分発の羽倉崎行き電車が発車すると、現役を引退する。1日平均の乗降客は約4200人(平成26年度)。普通電車と、平日朝に一部の準急行が停車する。