産経ニュース

姫路城の「入城券」来月からクレジット購入OK! 外国人観光客取り込みへ

地方 地方

記事詳細

更新


姫路城の「入城券」来月からクレジット購入OK! 外国人観光客取り込みへ

姫路城が大賞に選ばれた関西元気文化圏賞の贈呈式=大阪市(姫路市提供) 姫路城が大賞に選ばれた関西元気文化圏賞の贈呈式=大阪市(姫路市提供)

 世界遺産・姫路城(姫路市本町)で来月1日から、「入城券」の購入がクレジットカードで可能になる。外国人観光客が増加する中、日本円の持ち合わせがないため入場できずに帰ってしまう人もいるといい、「取りこぼし」を避ける狙いがある。同市の担当者は「外国人観光客からの要望が非常に多かった。これで今後の利用アップが見込める」と期待を込めている。

 昨年3月に「平成の大修理」を終え、グランドオープンした姫路城。鮮やかな“白さ”も新たな話題となり、平成27年度の入場者は、昨年12月9日の時点で年度別の日本の城郭入場者として過去最高となる222万人を突破した。

 同12月末では232万人に到達したが、うち外国人の入場者は約1割の23万5千人を数える。同市によると、こうした外国人から「クレジットカードが使えないのか」という問い合わせが多いといい、外貨しか持ち合わせていない外国人が、週末に銀行で日本円に換金できず、泣く泣く入場をあきらめるケースもあったという。

 姫路城は、観光客の増加などが関西全体の活性化につながったと高く評価され、21日に27年の「関西元気文化圏賞」の大賞も受賞した。石見利勝市長も「すごい賞。非常に名誉なこと」と声を弾ませた。

 来月から使えるカードはVISA、MasterCardだが、市では今後、使用できるカード会社を増やしていく方針。