産経ニュース

琵琶湖大橋4月から値下げ 普通車200円→150円、軽自動車150円→100円

地方 地方

記事詳細

更新


琵琶湖大橋4月から値下げ 普通車200円→150円、軽自動車150円→100円

 琵琶湖の東西両岸を結ぶ「琵琶湖大橋」(守山市今浜町-大津市今堅田)について、県は21日、通行料金を4月から車種によって10~210円値下げすることが決まったと発表した。

 新料金は、普通車=200円→150円▽軽自動車=150円→100円▽大型I=300円→200円▽大型II=710円→500円▽軽車両20円→10円-となる。

 これに伴い、回数通行券も、普通車の11回券が2030円から1520円などに値下げされる。現行料金で販売された回数通行券は、4月以降使用することができず、3月1日~9月30日、琵琶湖大橋有料道路管理事務所(守山市今浜町)▽道の駅びわ湖大橋米プラザ(大津市今堅田)▽県道路公社本社(大津市松本)-の3カ所で払い戻しする。

 琵琶湖大橋をめぐっては、県道路公社の琵琶湖大橋有料道路に関する借金残高の一括償還が可能なことから、県などは料金を無料化すべきかどうかを検討。昨年6月に三日月大造知事が値下げする方針を示し、11月定例議会で関連議案が可決。今月20日に国土交通省から許可された。