産経ニュース

行徳野鳥観察舎廃止が大勢 県行政改革審議会

地方 地方

記事詳細

更新


行徳野鳥観察舎廃止が大勢 県行政改革審議会

 公共施設の見直しなどを検討する県行政改革審議会(会長・辻琢也一橋大副学長)が19日、県庁で開催された。委員からは、県が廃止の方針を示している「行徳野鳥観察舎」(市川市福栄)について、「県の施設としては廃止せざるを得ない」という意見が相次いだ。

 結論となる答申内容の決定は来年度に持ち越される見通しだが、辻会長は今回の議論を「県の施設としては廃止が大半の委員の意見」と総括。跡地の利用方法についても「市川市としっかり協議、検討してほしい」と言及した。

 審議会は、同市の財政状況などの調査を県側に求めており、今後も議論を継続する。