産経ニュース

病気予防は「一汁一菜」から 和泉市医師会が小冊子付きDVD

地方 地方

記事詳細

更新


病気予防は「一汁一菜」から 和泉市医師会が小冊子付きDVD

 今年で創立50周年を迎えた大阪府和泉市医師会が、昔ながらの日本食の良さを見直し、病気予防につなげてもらおうと、普段の食生活に役立つ小冊子付きDVD「一汁一菜から始めよう」を作製した。

 同医師会は、病気の治療だけでなく、病気予防の啓蒙(けいもう)活動にも力を入れており、記念事業として企画した。大阪市中央区の老舗昆布店元店主、土居成吉さんが「医食住」の大切さを広める活動に取り組んでいることに共感。土居さんの協力を得て、関西各地で撮影を行った。

 土居さんが“食の語り部”となって各地へ足を運び、現地の食材を調理しながらミネラル不足の怖さなど普段の食生活の大切さを解説。和風だしをたっぷりと使ったみそ汁や洋風スープを作り、現地の人たちに振る舞う-という約50分間に及ぶドキュメンタリータッチの物語に仕上げた。

 一方、小冊子(A5判、31ページ)は、食と体の関係や小学校での食育、伝統的な日本食の利点などをカラー写真を織り交ぜながらわかりやすく紹介。あとがきで土居さんは「大事なのは本当のおいしさがわかること」と指摘し、正しい食事は決して難しくないことを伝えている。

 1冊千円。問い合わせは和泉市医師会(電)0725・41・6558。