産経ニュース

【師走点描】サンタ乗せて出発 栃木

地方 地方

記事詳細

更新

【師走点描】
サンタ乗せて出発 栃木

 茨城県筑西市と茂木町を結ぶ真岡鉄道(真岡市)は19日、蒸気機関車(SL)が牽引(けんいん)する列車にサンタクロースが乗り込む「SLサンタトレイン」を運行した。

 同社員と、もおかSL倶楽部(くらぶ)のボランティア計3人がサンタの衣装を着て、客車に乗車。子供たちにプレゼントを手渡した。下館駅では出発前に記念撮影に応じるなど、子供たちや鉄道ファンを喜ばせた。

 両親と乗車した小山市の小学3年、軽部心咲(みさき)さん(9)は「黒い煙が出て面白い」と蒸気や黒煙を上げるSLに驚いた様子。同倶楽部の会員でサンタ役を続けている同市の会社員、皆川薫さん(58)は「SLの運行が続けられるように、少しでも多くの人に乗ってもらいたい。本物と思った小さい子供に真顔でプレゼントを頼まれるとやりがいがある」と話した。

 列車は下館-茂木駅を往復。SLサンタトレインは20日も運行する。同社は週末や休日などにSLを運行しているが、年内は23日まで。年末年始は運休し、年明けは1月9日から運行する。