産経ニュース

佐川急便とJTBが観光情報センターサービス事業者に 東京

地方 地方

記事詳細

更新


佐川急便とJTBが観光情報センターサービス事業者に 東京

 新宿南口の交通ターミナル整備で、外国人旅行者向けに両替などのサービスを一括して提供する「東京観光情報センター」の事業者を募集していた都は14日、大手運送会社「佐川急便」と大手旅行代理店「JTB」の2社に決定したと発表した。

 都によると、佐川急便が宅配と手荷物預かりを行う。海外配送の実績や午前6時半~午後11時のセンターの開所に合わせた長時間のサービス提供ができることなどが評価された。

 また、JTBは外貨両替▽旅行販売▽イベントなどのチケット手配-を提供。充実した訪日外国人向けのツアーや、扱う外貨の種類の多さなどが決め手となった。

 センター開設は平成28年春の予定。