産経ニュース

冬の生き生きとした姿見て 多摩動物公園にユキヒョウ17日来園 東京

地方 地方

記事詳細

更新


冬の生き生きとした姿見て 多摩動物公園にユキヒョウ17日来園 東京

 絶滅が懸念されるユキヒョウの繁殖に向け、カナダのアシニボイン動物園から2歳の雄のユキヒョウ、コボが17日、多摩動物公園(日野市)に来園する。検疫を済ませた後、公開される。

 多摩動物公園によると、協力して繁殖を進める動物園間の合意に基づき、同園で飼育していた雌のエナと交換した。同園ではコボ以外に雄1頭、雌3頭を飼育している。

 同園の担当者は、「本来寒いところに住む動物。冬は生き生きした姿が見られるのではないか」と話している。