産経ニュース

土地家屋調査士会と和光市、空き家問題で協定 埼玉

地方 地方

記事詳細

更新


土地家屋調査士会と和光市、空き家問題で協定 埼玉

 埼玉土地家屋調査士会と和光市は4日、空き家に関するトラブル解決や市民の相談などについて、自治体から同会に対し会員の協力を要請できる協定を、県内で初めて締結した。

 同会は、建物の調査に基づいて図面を作成し登記所に申請する「土地家屋調査士」約850人で組織。同会によると、県内の総住宅数約330万戸に対し、10・9%の約36万戸が空き家になっており、空き家の放置は防災や衛生面で周辺環境に悪影響を与えるほか、土地境界トラブルのもとになることもあるという。

 同市の松本武洋市長は「空き家問題は大きな課題。専門家の協力でシステマティックに対応できることは重要だ」と話した。