産経ニュース

絵本作家が指導、子供ら思い思いに動物描く 兵庫・王子動物園

地方 地方

記事詳細

更新


絵本作家が指導、子供ら思い思いに動物描く 兵庫・王子動物園

永田萠さん(右)のアドバイスを受けながら絵を描く児童=神戸市灘区

 神戸市灘区の市立王子動物園で29日、加西市出身の絵本作家、永田萠さんの指導を受けながら動物を描くイベントが開かれ、参加した子供たち約90人が思い思いに絵筆をふるった。

 同動物園が主催し、今年が4回目。保護者とともに参加した3歳から小学6年までの幼児と児童が、パンダやゾウなど好きな動物を、水彩絵の具やクレヨンで描写した。永田さんは園内を巡回して子供たちを指導し、「いろいろな色を使って」などとアドバイス。完成した絵は動物園ホールに展示され、永田さんが講評した。

 イベントは、神戸東ロータリークラブの会員が動物舎の前で参加者を見守るなどして運営を支援。道上明会長は「子供たちに観察力や表現力を養ってもらいたい」と話していた。

 父親とともに参加し、パンダを描いた西宮市の小学1年、川嶋凛子(りこ)さん(7)は「手を描くのが難しかった。でもうまく描けた」と笑顔をみせた。