産経ニュース

朔太郎の孫が前橋文学館新館長に 来年4月就任

地方 地方

記事詳細

更新


朔太郎の孫が前橋文学館新館長に 来年4月就任

 前橋市は、前橋文学館(同市千代田町)の新館長に同市出身の詩人、萩原朔太郎(1886~1942年)の孫で、多摩美術大教授の萩原朔美氏(69)を充てる人事を固めた。

 来年4月から就任し、契約は1年ごとの更新。孫である朔美氏がトップとなることで、郷土の偉大な詩人・朔太郎の魅力発信にさらに力を入れていく。

 今回の人事とともに、民間活力導入のため平成25年度から同市文化スポーツ振興財団が指定管理者を務めていた文学館の運営を、新年度からは同市直営とする。

 文化振興策や同市営の美術館である「アーツ前橋」と密接に連携を図り、文学館の充実が期待できる。

 さらに同市は、優れた現代詩に贈る「萩原朔太郎賞」など朔太郎に関する事業の業務も文学館に移し、一元的に取り組んでいくという。