産経ニュース

中1自殺 いじめ対応の専門職を 仙台市、教委と調整

地方 地方

記事詳細

更新


中1自殺 いじめ対応の専門職を 仙台市、教委と調整

 仙台市泉区の館中1年の男子生徒がいじめを苦に自殺した問題について、奥山恵美子市長は10日の定例記者会見で、年度内に市立の学校にいじめなどの問題対応にあたる専門職を置き、学校以外にも相談窓口の設置を検討するなど、再発防止策を講じていく考えを示した。

 奥山市長は「担任などの他の業務と兼務するのではなく、いじめ問題について中心的に担っていくマンパワーの配置が必要」と述べ、今後、スクールカウンセラーなどの人員体制について教育委員会と調整する考えを示した。また、地域や家庭に対して、いじめの相談窓口設置を周知するなどの啓発活動にも予算が必要となる、との認識を示した。

 さらに奥山市長は「学校内だけでは相談の受け皿として不十分という意見がある。現状、教育委員会などで管轄している窓口の整理や、きちんとした回答ができる人材の確保の問題もある」と話す一方で、「開設は早いに越したことはない」と強調した。