産経ニュース

ボートレース萌アピール スマホなど活用、若者にもファン拡大へ 滋賀

地方 地方

記事詳細

更新


ボートレース萌アピール スマホなど活用、若者にもファン拡大へ 滋賀

 県運営の競艇場「ボートレースびわこ」(大津市)が、「萌(も)えキャラ」を使って勝敗を予想するゲームを始めた。その名も「船国バトルそうだつ☆まいぞうキン」。ボートレーサーの所属する全国5地区を代表する萌えキャラを設定。各地区に所属するレーサーの成績で勝敗を決める仕組みで、順位を予想してもらう。若者に競艇をPRし、入場者のてこ入れを図る考えだ。

 船国バトルは、明智光秀が本能寺の変の後、安土城から持ち帰ったとされる埋蔵金を手にするため、琵琶湖に集結した各地の水軍の末裔(まつえい)たちがボートレースで争う、という設定。

 萌えキャラとなった末裔たちは、ボートレースの船の色をベースに、各地区にゆかりの深い水軍をモチーフにしたデザインの衣装をまとう。関東地区は赤いコスチュームのキャラクター「菊姫(きくひめ)」▽九州は黄色の「亜弥(あや)」▽中四国は緑の「宮(みや)」▽近畿は黒の「直(なお)」▽東海は青の「法輪(ほうりん)」。

 それぞれのエリアの支部に所属する選手たちの平均順位で、キャラクターの勝敗が決まる。参加者は特設サイトにスマホやパソコンでアクセスし会員登録した後、1位のキャラクターを予想する。的中すれば、抽選でオリジナルキャラの限定クオカードがもらえる。

 また、特定のレース日にボートレースびわこに来場してスマホを操作すれば来場ポイントがたまり、ポイントに応じて家電や商品券などの賞品プレゼントに応募することもできる。

 同競艇場の入場者は近年減少傾向にある。平成26年度の入場者数は1670人と、10年度(3526人)の半分以下。レジャーの多様化に伴い、競艇に関心を持つ若者は少なくなったとみられ、入場者数の大半は年配者という。萌えキャラやスマホ、パソコンの活用で、新たなファン層の開拓を狙う。

 県の担当者は「キャラクターをきっかけに、ボートレースを知らない若い人たちに関心を持ってもらいたい」と意気込んでいる。

 船国バトルは来年2月29日まで。特設サイトのアドレスは(https://sengoku.biwako.gr.jp/)。