産経ニュース

猫大量置き去り容疑の男書類送検 「近所の苦情で手放した」 千葉

地方 地方

記事詳細

更新


猫大量置き去り容疑の男書類送検 「近所の苦情で手放した」 千葉

 市原市姉崎の動物病院に猫25匹が置き去りにされているのが見つかった問題で、市原署が動物愛護法違反(愛護動物の遺棄)容疑で、同市の会社員の男(48)を千葉区検に20日に書類送検したことが23日、同署への取材で分かった。

 書類送検容疑は9月27日午前5時ごろ、自宅で飼っていた猫25匹を3つのケージに入れて動物病院の敷地内に捨てたとしている。

 同署によると、男は報道などで問題となっていることを知り、30日に同署に出頭した。「近所の住民から猫の臭いなどで苦情があり、手放さざるを得なかった。動物病院ならどうにかしてくれると思った」と話しているという。猫は今月5日までに、25匹全てに引き取り手が現れた。