産経ニュース

好取組に7000人沸く 大相撲巡業「京都場所」満員御礼

地方 地方

記事詳細

更新


好取組に7000人沸く 大相撲巡業「京都場所」満員御礼

 大相撲の地方巡業、京都場所が18日、京都市北区の島津アリーナ京都(府立体育館)で行われた。力士らが土俵上で“真剣勝負”をする姿に約7000人の観客から大きな歓声があがった。

 京都場所は昨年4月以来、約1年半ぶりの開催。観客席は家族連れをはじめ、無料招待された東日本大震災の被災者や外国人留学生らでにぎわい、会場内に「満員御礼」の文字が躍った。

 土俵入りした力士らは観客に手を振ったり、赤ん坊を抱えたりし、観客を楽しませる場面も。本場所さながらの取組もあり、最後の一番は日馬富士と鶴竜の両横綱が対戦し、うっちゃりで鶴竜に軍配があがった。

 家族4人で訪れた同市右京区の吉野将真くん(3)は「好きな鶴竜が勝ってくれてよかった。僕も大きくなったら相撲をやりたい」と目を輝かせた。

 一方、同場所実行委員会の桝本頼兼委員長(前京都市長)はあいさつで、同場所を「京都の秋の風物詩にしていきたい」と話した。