産経ニュース

ふれあいにお年寄り大喜び 和歌山・アドベンチャーワールドの動物たち

地方 地方

記事詳細

更新


ふれあいにお年寄り大喜び 和歌山・アドベンチャーワールドの動物たち

 白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で飼育されている動物たちが、同町中の特別養護老人ホーム「百々千(ももち)園」(広畑尚志園長)を訪問。約50人の入所者は動物たちとのふれあいを楽しんだ。

 同施設が平成11年から実施。今回はリスザル、ワオキツネザル、コツメカワウソ、ウサギ、モルモットと犬3匹の計8匹と、キツツキの仲間で大きなくちばしを持つオニオオハシ1羽が訪れた。

 飼育員と一緒に訪れた動物たちは、お年寄り一人一人とふれあい。「かわいいなあ」などと言いながら、ひざに乗せたり、抱いたり。目を細めて動物の頭や背中をなでていた。

 さらに、犬が3つの輪を走ってくぐったり、オニオオハシがボールをバケツに入れるなどの“芸”を披露。大きな拍手がわきおこっていた。