産経ニュース

あきる野市長に沢井氏が初当選 投票率44・42% 村木氏との接戦制す 東京

地方 地方

記事詳細

更新


あきる野市長に沢井氏が初当選 投票率44・42% 村木氏との接戦制す 東京

 任期満了に伴うあきる野市長選と市議補選(欠員2)の投票が4日行われ、即日開票の結果、市長選は無所属の元市議、沢井敏和氏(66)=自民、公明推薦=が、いずれも無所属で元市議の村木英幸氏(58)、元保育園長の松本由紀子氏(64)=共産推薦、元派遣社員の立沢晴美氏(47)を破り、初当選した。当日有権者数は6万5343人。市長選の投票率は44・42%(前回40・35%)だった。

 沢井氏は午後10時20分過ぎに同市秋川の選挙事務所入り。支持者らと当選を喜び合ってバンザイをした後、「実に厳しい選挙戦だったが、皆さんのおかげで勝つことができた」とあいさつ。「『このまちに住んでよかった』といわれるよう、市民のため全力をあげて市政につくしたい」などと抱負を語った。

 沢井氏は、自民党が同市長選で擁立する推薦者を決める予備選を制して出馬。市議時代に同じく自民党に所属した村木氏と支持層を奪い合う「保守分裂」の戦いを、わずか214票差で勝ち抜いて当選を決めた。

 無所属の3新人による争いとなった市議補選は、栗原剛氏(44)と辻淑子氏(55)が初当選した。

                   ◇

  ◇あきる野市長選

 開票終了

 当   12169 沢井 敏和 無新 【自】【公】

     11955 村木 英幸 無新

      3829 松本由紀子 無新 【共】

       393 立沢 晴美 無新

 沢井(さわい) 敏和(としかず) 66 〔1〕

 元市議・学校法人理事(社会福祉法人理事・武蔵野市職員)日大

                   ◇

 ◇あきる野市議補選  開票終了(2-3)

 当  12565 栗原  剛 無新

 当  10263 辻  淑子 無新

     3251 岸野  悟 無新