産経ニュース

韮崎市と本坊酒造、ワイナリー新設で協定 穂坂地区「赤ワインの丘プロジェクト」 山梨

地方 地方

記事詳細

更新


韮崎市と本坊酒造、ワイナリー新設で協定 穂坂地区「赤ワインの丘プロジェクト」 山梨

 韮崎市などが市内の穂坂地区に進める複合型観光拠点計画「赤ワインの丘プロジェクト」で、施設の中核を担うワイナリーを新設する本坊酒造(本社・鹿児島市)と市が、建設を協力して行う協定を結んだ。同社は笛吹市に持つ山梨マルスワイナリーの醸造機能を穂坂地区に移し、平成29年秋の仕込みから稼働させる予定で、将来的には笛吹市からの全面移転も視野に入れている。

 本坊酒造は昭和35年から笛吹市石和町(当時・石和町)に設けた工場でワイン醸造を行っており、韮崎市の穂坂地区内に約2ヘクタールの自社ブドウ畑を持つ。県内で毎年開催されている「日本ワインコンクール(旧・国産ワインコンクール)」では、手がける穂坂地区産ワインが4年連続で金賞を受賞するなど実績がある。

 計画する新ワイナリーは敷地面積約1ヘクタール。笛吹市石和町の醸造機能を移転させるとともに、ゲストハウスや売店を整備し、平成30年度のオープンを目指す。原料ブドウの処理量は、現在の笛吹市での年間約450トンから新たに約600トンに増やす。同社によると、穂坂地区内の契約農家に遊休農地を活用してもらい、増産を図るという。

 同社の本坊和人社長は「穂坂地区に自社農園を開設して15年。穂坂地区産のブドウは、われわれのワイン造りに欠かせない重要な存在となっている。地元に根ざし、貢献できるワイナリーを目指したい」。内藤久夫市長は「市にとって、新しい産業の幕開け。優れた企業を誘致することができ、ありがたい。奥深く、多様性のあるワイン文化を育て、地元のワイン情報を世界へ発信したい」と話す。

 プロジェクトでは、甲府盆地を見下ろす穂坂自然公園周辺に中核のワイナリーとともに、馬に触れ合うことで心身を癒やすホースセラピーの施設や宿泊施設、レストラン、日帰り温泉、特産品直売所などの整備を予定している。