産経ニュース

市原の動物病院に捨て猫25匹

地方 地方

記事詳細

更新


市原の動物病院に捨て猫25匹

 27日午前7時ごろ、市原市姉崎の動物病院の敷地内に、猫計25匹が布製の3つのバッグに入って置き去りにされているのを同院の副院長の男性(46)が発見した。動物愛護法に基づき、市原署が檻などに移して一時預かりをしており、情報提供を呼びかけている。

 同署によると、このうち10匹は生後間もないとみられる子猫だった。バッグは動物を運ぶためのもので逃げられないようになっており、最多の14匹が入れられていたものは幅46センチ、奥行き59センチ、高さ50センチだった。同署は、保健所などの関係機関と対応を検討している。同署幹部は「置き去りにした人が現れるのが一番望ましい」としている。