産経ニュース

【東日本豪雨】農業被害拡大18億円に 農家に広がる不安の声 茨城

地方 地方

記事詳細

更新

【東日本豪雨】
農業被害拡大18億円に 農家に広がる不安の声 茨城

 豪雨に伴う鬼怒川の堤防決壊の影響による農業被害は調査が進むにつれてさらに拡大している。県のまとめによると、農作物の被害(14日午後5時現在)は水田や畑など3738ヘクタールが冠水するなどして18億4531万円に上る。米価の下落や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)による主食用米の輸入問題など、農業を取り巻く環境が厳しさを増す中、農業算出額全国2位の農業大県の農家に不安の声が広がっている。

                   ◇

 県農業経営課によると、水稲は境町や坂東市など20市町で2284ヘクタールが冠水や倒伏し、被害金額は13億9763万円に広がった。

 このほかの被害は、大豆=筑西市や結城市など12市町で6896万円▽ソバ=筑西市や石岡市など18市町で4018万円▽白菜=筑西市や古河市など7市町で8070万円▽キャベツ=古河市や八千代町など7市町で7337万円-などとなっている。

 また、レタスやネギ、キュウリなど、その他の野菜で1億8445万円となり、総額では県西地方を中心に26市町で18億4531万円に上った。

 古河市でレタスやキュウリを栽培する60代の男性は「レタスの苗を植えたが半分が水に漬かった。まだグチャグチャで畑に入れず作業ができない」とこぼす。

 筑西市でコシヒカリなどを栽培する男性(55)は「水田が水をかぶり米の品質が低下しないか心配だ。でも、常総市の被害を思えば仕方がない」とあきらめ顔。

 水田が冠水したという筑西市の兼業農家の男性(45)は「米価は下がるばかりだし、TPPで農業の先行きは厳しい。息子も継いでくれないし、そろそろ潮時かも…」とつぶやいた。

 県の被害調査では浸水が深刻な常総市は調査ができないままとなっている。