産経ニュース

徘徊高齢者を早期発見せよ!! 高崎市がGPS貸与、警察と初協定

地方 地方

記事詳細

更新


徘徊高齢者を早期発見せよ!! 高崎市がGPS貸与、警察と初協定

 高崎市は、衛星利用測位システム(GPS)機器の無償貸与や、救援活動などを市が取り組む徘徊(はいかい)高齢者早期発見システムを10月にスタートさせると発表した。同時に高崎署とも協力し、位置情報を提供することで遠方での迅速な保護も可能とする。市介護保険課では「機器の貸与に止まる自治体が多く、警察との協定も含め全国初の取り組みになる」と話している。(椎名高志)

 「はいかい高齢者救援システム」と名付けられた制度は、市内に在住している65歳以上の徘徊行動が見られるお年寄りを介護している家族や介護事業者を対象に、GPS機器を無償で貸与する。対象条件として介護認定の有無は問わない。家族らは事前に同市問屋町の「高齢者あんしん見守りセンター」に登録、お年寄りが行方不明になった場合に家族らからの位置情報提供依頼に応じ位置情報を探知、メールで知らせる。

 お年寄りの捜索・保護では、家族らが困難な場合は同センターの職員らのほか、警察官が行うケースもある。10日に同市と高崎署で「認知症高齢者の徘徊対策に関する協定書」を締結した。

 貸与するGPS機器は最小サイズのもので重さ30グラム。当面は1千台を準備した。フル充電で2週間は稼働する。お年寄りに付けるため靴やリストバンド、衣服などさまざまな携行補助具が考えられているが富岡賢治市長は「付け方を工夫していきたい」と話している。

 介護認定で徘徊の可能性があるとされるお年寄りは市内で約500人。運用開始前には関係者による連携訓練も予定されており、同課では「システムは介護する側の精神的負担軽減にもつながる」としている。