産経ニュース

自動車運転マナー「悪い」が4割超 JAFアンケート 千葉

地方 地方

記事詳細

更新


自動車運転マナー「悪い」が4割超 JAFアンケート 千葉

 県内の自動車運転マナーが「悪い」と感じている人が10人中4人以上の割合に上ることが、日本自動車連盟(JAF)千葉支部(千葉市)の交通安全実行委員会が実施したアンケートで明らかになった。マナー違反として指摘が多かったのは車線変更や割り込みなどで、進路変更マナーの悪さが県内の運転の特徴とみる県民感覚が浮き彫りになった。

 アンケートによると、本県のドライバーマナーについて、「悪い」「やや悪い」と答えた人は全体の43%で、「良い」「まあまあ良い」とした15%の約3倍。多くの県内居住者が運転マナーに眉をひそめている実態が明らかになった。

 マナーの悪さで上位に指摘された(複数回答可)のは、「ウインカー(方向指示器)が遅い」「急な車線変更や右左折」「無理な割り込み」など。携帯電話をかけながらの運転やスピードオーバー、信号無視の指摘も目立った。

 マナー改善策を尋ねたところ、「警察の取り締まりを強化する」が最も多く、「免許取得時や更新時に教育する」が続いた。「モラル向上」や「ゆとり運転」といった回答も目立ち、ドライバーの自覚の問題という考えが多いことも見てとれる。

 日本モータースポーツ黎明期のプロレーサーで、同実行委委員長の北原豪彦さんは「アンケートなどの結果をみて、一人でも多くの本県のドライバーが『気をつけて運転しよう』と再認識してくれることを期待したい」と話している。

 アンケートは4~7月に18歳以上の免許所持者を対象に行われ、同支部サイトの閲覧者や交通安全講習会受講者、自動車関連団体社員らから約2千件の回答を得た。有効回答数は1526件。回答者の性別は男性が87%。本県居住者が93%を占めた。